2008年11月

業種 [ 繊維・紙 ]

2008.11.30

  F1010003.JPG

【現況】

・起動後数分で吐出し温度異常で停止してしまう。

・安全弁が作動する。

【作業内容】

圧力調整弁インナーパーツ、オイルセパレータエレメント、オイルフィルター、スイコミフィルター、オイル、オンドチョウセイベンを部品交換しました。その他、油面計清掃、油回収逆止弁清掃、オイルクーラー、アフタークーラー、ダストフィルターの清掃実施。

【所見】

・圧力調整弁ダイヤフラムの破損、オイルセパレータエレメントの差圧による変形が見られた為、定期的な点検整備を推奨します。

・整備後、試運転良好です。

御依頼ありがとうございました。

 

 

業種 [ 化学・医薬品 ]

2008.11.29




【エコ商品】
ドレン分離機の取り付け作業を実施しました。
上記写真は、試運転に初期ドレンを濾過しやすいようにドレン水タンクに水道水を充満させています。(少し解りづらいかも)
手前に吸着エレメントが見えていますが、一次ドレンをキャッチするエレメントです。
この商品は、各機器から排出されるドレンを集合させて、清水を雨水溝などに開放できます。
なんといっても、電気を使わないのが一番の特徴です。

業種 [ 機械 ]

2008.11.28




【現況】
写真のフレキシブルホースより油洩れ発生。現着時はオイルが全て流出していたので運転は出来ない状態でした。

【作業内容】
フレキシブルホースの新品交換を実施。その他に、スイコミフィルター・オイルフィルター・油面計キットの交換と、潤滑油6Lの補充です。

【対策】
フレキシブルホースは消耗部品ではないので、通常の点検では交換することはありませんが、長期使用による経年的な磨耗や、起動時などの振動により、かしめ部から油洩れが発生する可能性があります。今回の修理では洩れ箇所のフレキシブルホースのみの交換でしたが、次回の整備時には全てのフレキシブルホースの交換をご推奨致します。

【所見】
その他にエアードライヤーのオートドレンが排出不良を起こしていました。内部フロートの動作不良が確認出来た為、オートドレンフロートを追加新品交換しました。
主モーターの反負荷側より異常音が出ています。早期新品交換が必要です。

この度はご用命ありがとうございました。

業種 [ 機械 ]

2008.11.07




新築工場の圧縮空気配管工事を施工しました。
場内に機械搬入前の施行だったので、作業効率も上がり予定より早く仕上がりました。
やはり何事も「段取り八分」をいう言葉を痛感し、また、かみしめる一日でした。

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2008.11.04



定期修理
機種:ZV22AS−R

【現況】
お客様が中古機で購入された機械の為、納入据付の前に定期修理を実施することになりました。
 
開放前に一度運転状況を確認。
前オーナーはしっかりメンテナンスを行っていたと思われ、オイル洩れなどもなく、運転状況は比較的良好でした。

【作業内容】
定期修理という事で、エレメント類の交換。消耗部品であるOリングやパッキンの交換。オイルクーラーアフタークーラーのスチーム洗浄などです。
その後、試運転を実施しました。

【所見】
運転時間は3万時間を超えていましたが、モーターベアリングや圧縮機本体ベアリングなどに異常音などは見つからず、良好でした。

この度はご用命ありがとうございました。