2009年6月

業種 [ その他 ]

2009.06.22




【依頼内容】
前回整備時より3,000時間経過したため、保全定期修理
【状況】
設置されている場所が、取り扱い説明書に掲載されているような「低温湿度、少粉塵、明るい」の代表的なところです。
掲載してある写真は、分解途中の様子で潤滑油(オイル)がとてもきれいです。
【所見】
分解検証の結果、ほとんど磨耗劣化はなく理想的な状態でした。
いかに、吸い込む空気の質が重要かが解る1台です。

業種 [ 精密・諸工業 ]

2009.06.11




【状況】
圧縮不良で、規定圧力まで上昇せず自動停止しない。
【対策】
分解して検査した結果、何らかの微細粉塵を吸い込みピストンを研削しています。修正した結果後、バルブを新品交換して組み立てました。
【所見】
ピストン磨耗により、オイル上がりが生じ再発の可能性があります。