2012年1月

業種 [ 化学・医薬品 ]

2012.01.25

【本日の作業】

本日はレシプロ機のシリンダヘッド開放点検に行ってきました。試運転を完了したので運転停止後、

吐出バルブを開き空気タンクのエアをドレンコックから抜いた所、ドレン水が異常に多く出てきたのです。

【学んだこと】

レシプロ機は据え付け時に、各機毎の枝管に止め弁と逆止弁を設けています。

この逆止弁に異常が発生していた為、レシーバータンクからのドレン逆流が発生していたのです。

自機を運転していないのに、表示圧力が変動する場合、逆止弁の点検を実施しましょう。 P2012_0124_162453.JPG