2012年9月

業種 [ 化学・医薬品 ]

2012.09.30

DSC00393.JPG
 コンプレッサーの種類によってこのようなフィルターが取り付けられているものがあります。このフィルターは、外気のゴミを取り除く役割を果たしているので、オイルクーラー・アフタークーラ・ドライヤーのコンデンサーの詰まりを軽減させてくれます。
 しかし、このフィルターも掃除をしないとゴミが溜まっていきやがて詰まってしまい、温度上昇の原因につながってしまうので定期的な掃除が必要です。
 掃除の方法は、エアーブロウでゴミを吹き飛ばす方法・水洗いしてゴミを流しフィルターを乾燥させる方法の2種類があります。是非定期的に掃除をしてみてはいかがでしょうか。

業種 [ 繊維・紙 ]

2012.09.27

DSC00357.JPG
【作業内容】
 減圧弁がらエアーが漏れていたため交換しました。
【感想】
 今回は、減圧弁のケースが割れていたため新品との交換となりました。
 試運転の結果、エア漏れなく運転できました。

業種 [ 化学・医薬品 ]

2012.09.24

DSC00386.JPG
 作業中に電子ドレントラップの排出口を壊してしまったので、修理をしました。
 
 排出口はプラスチック製だったため、写真の中にあるダイアフラムとOリングも交換しました。写真の部品は特殊ネジで固定がされていたので、特殊ドライバーを使って取り外しました。
 
 交換作業は無事終了しました。

業種 [ 繊維・紙 ]

2012.09.23

DSC00385.JPG
 お客様から『安全弁が噴き出す』との連絡があったので交換に伺いました。

 この機械の安全弁は1.0MPaで噴き出すものであったが、0.89MPaで安全弁が吹き出してしまった。先輩に聞いたところ、早く噴き出すことには危険はないが、安全弁が設定値で噴き出さない方が危険ということを教わることもできました。
 事故件数を減少するためにも、定期点検を行っていきたいと思います。

業種 [ その他 ]

2012.09.19

DSC00384.JPG
 定期修理の後は、定期修理の内容、試運転の結果をまとめる作業を行って、お客様に報告します。この作業を終えて修理業務終了となります。
 

業種 [ その他 ]

2012.09.18

DSC00383.JPG
【作業内容】
 減圧弁から空気が漏れていたため修理を行いました。
【感想】
 ダイヤフラムに歪みが生じていたためダイヤフラム交換を行いました。前回のダイヤフラム交換から5年たっていたので、歪みの原因は経年劣化と考えられます。
 交換作業は順調に終えることができました。

業種 [ 繊維・紙 ][ その他 ]

2012.09.12

DSC00368.JPG
【作業内容】
 お預かりした。スクリュー式コンプレッサーのオーバーホール作業を行いました。
【感想】
 配管がチューブなのに驚きました。今回は、分解・洗浄までの作業です。

業種 [ 繊維・紙 ]

2012.09.11

DSC00375.JPG
 モーターの分解は、ベアリング交換または、オーバーホール作業のときぐらいしか分解する機会がありません。今回はオーバーホールの作業中です。
 中にはほこり等のゴミがぎっしり詰まっていました。写真ではエアーブロウ後になりますが。古い機械の割には掃除をすると、まだまだ使えることがわかりました。

業種 [ 化学・医薬品 ]

2012.09.10

DSC00372.JPG
【作業内容】
 スクリュー式コンプレッサーの定期修理をしました。
【感想】
 今回は、特殊なエレメントを交換しました。このエレメントは、オイルセパレータから逆止弁の間に取り付けられていました。
 このエレメントが取り付けられているコンプレッサーは、あまり見かけないとのことなので、良い体験ができたと思います。

業種 [ その他 ]

2012.09.07

DSC00369.JPG
【作業内容】
 コンプレッサーが自動停止しないと連絡があり、調査しに行きました。
【感想】
 減圧弁のところに穴がありました。その穴は安全弁の役目をはたしているとのことだったが、エアーが漏れていることがわかった。コンプレッサー自体は、タンクにエアーが貯まると自動停止したので問題はないと考えられる。
 上司に確認したところ、減圧弁の中を交換しないとおさまらないということがわかった。対処方法は穴を塞げばいいとのことだったので、応急処置として穴を塞ぎました。
 その後は通常通りの運転ができた。

部品が届き次第修理に伺います。

業種 [ 化学・医薬品 ]

2012.09.06

DSC00367.JPG
 本日はファンコントローラーの交換を行いました。ファンコントローラーは、ドライヤーの温度を感知してファンモーターを起動させるための電子部品です。
 ドライヤー異常が発生した場合、コンデンサーに詰まりがなくファンモーターにも異常が見られない場合このファンコントローラーが壊れている可能性があります。

 新品に交換後、異常なく運転できました。

業種 [ 繊維・紙 ]

2012.09.05

【作業内容】
 ドライヤー異常が出たので調査してほしい。
【所見】
 コンデンサーに詰まりはなく室内のクリーンルームに設置されていたことから、ファンモーターかセンサーに異常があると考えて調査したところ、ファンモーターには異常が確認できなかった。このことからセンサーが壊れている可能性が高い。
 お客様に報告をしたところ、『予備で設置してある同型のコンプレッサーからセンサーを取り出して付け替えられないか。』という要望がありました。
 私の経験・知識不足で付け替えができるか分からなかったので、上司に相談したところ、『センサーの設定が違ったり、取り付けが特殊なものだったら大変なことになる。』などリスクが大きいみたいでした。
 お客様には申し訳ありませんが部品の入荷出来次第すぐ修理に伺いたいと思います。

業種 [ その他 ]

2012.09.03

DSC00364.JPG
試運転時コンプレッサーの圧力が0.65~0.75MPaの間で、過負荷による異常停止が発生しました。
マグネットスイッチがいけないのか、コンプレッサーの配線を間違えたのか、少々焦ってしまいました。
現状で何が原因か特定できなかったので、上司に電話で相談したところ、『サーマルが合ってない。』とのことでした。
サーマルについて知識がなかったので、現場担当者様に対応していただき無事問題なく運転することができました。
私自身の経験と勉強不足でお客様にはご迷惑をおかけしました。この経験をいかして今後の仕事に役立てます。