2012年11月

業種 [ 機械 ]

2012.11.30

DSC00451.JPG
【作業内容】
 レシーバータンクの新規入れ替え作業を行いました。
【感想】
 レシーバータンクにキャスターを取り付けて作業員4名で運びました。安全確保のため声掛けが重要と再確認することができました。
DSC00450.JPG
 設置後、配管の取り付け工事を行いました。事前に準備した配管が役に立ち現場での作業は、細かい配管の取り付けと微調整でした。
 パイプの切断・ネジ切りのときも声掛けをすることにより、作業時間が短縮できたと感じられました。

業種 [ その他 ]

2012.11.29

DSC00446.JPG
 パッケージタイプのオイルフリーレシプロ式コンプレッサーの電磁弁の交換をしました。
 この電磁弁は、アンロードしたときアンローダー配管に空気を送り込むために使われています。この弁が壊れているとアンロードしないで、安全弁が吹き出してしまうことがあります。

業種 [ 機械 ]

2012.11.28

DSC00448.JPG
 配管を固定するために、アングルに穴あけ加工をしました。
DSC00449.JPG
 穴あけ加工後は、バリをヤスリで取り除き錆を防止するために塗装を施しました。

業種 [ 機械 ]

2012.11.27

DSC00447.JPG
【作業内容】
 作業時間短縮のため、図面を基に配管を加工する。
【感想】
 今回は、25Aと50Aの配管を加工した。今まで50Aの配管を加工したことがなかったため。大きさや重さに驚きました。
 (加工と言っても、ボールバルブやチーズを取り付ける作業です。)


業種 [ その他 ]

2012.11.22

DSC00443.JPG
【作業内容】
 定期修理作業と一緒にドレントラップを新品と交換しました。
【感想】
 取り付けは簡単にできました。もしお客様の中でドレントラップを新規導入を検討している方がいらっしゃいましたら、取り付ける場所によって適したドレントラップの取り付けをお願いします。

業種

2012.11.21

DSC00444.JPG
【作業内容】
 スクリュー式コンプレッサー本体のベアリング交換を行いました。
【感想】
 専用の支持具を用いてスクリューごとベアリングを引き抜きます。抜き取った後は、ベアリングは新品と交換し、スクリュー等は洗浄・手入れをして元に戻します。
 作業の流れでは簡単そうに感じますが、ちょっとした汚れや傷でオイルが漏れたり、異音が発生したりと慎重に扱わないといけないところです。

 試運転の結果、良好です。

業種 [ その他 ]

2012.11.20

DSC00442.JPG
 ミストフィルターの交換作業をしました。本体が細身のわりにフィルターが2本内臓されていて、しっかり圧縮された空気内の油分を除去します。
 一年間仕事をしていたフィルターも除去した油分によって目詰まりを起こします。このままの状態で使用しますと、圧縮空気が安定して送れなかったり、油分が除去できなくなったりしますので、定期的な交換を推奨します。

業種 [ 繊維・紙 ]

2012.11.15

DSC00440.JPG
 モーターのベアリング交換を行いまいた。モーターを分解するのにオイルクーラーや据え付けのドライヤーをはずして作業スペースの確保を行い、分解・洗浄・ベアリングの交換をしました。

 モーターベアリングの交換は運転時間が約24000時間に達した時に交換することを推奨していますが。モーターから異音がした・最近空気の供給量が落ちたなど、異変がありましたら。早めの交換が必要になる可能性があります。

 ベアリングが破損しますと、大きな事故に繋がる可能性がありますので、定期的な点検(自主点検も含む)をよろしくお願いします。

業種 [ その他 ]

2012.11.09

DSC00414.JPG
 朝コンプレッサーの電源を入れたら動かない。配線を見たら焼けていた。との連絡があり調査しに伺いました。
 真ん中の配線のみ焼けていました。なぜ、真ん中の配線だけ焼けてしまったのか現在調査中です。

 参考までにショートに原因として、接触不良、配線同士の接触、被膜の劣化、水・油の付着。などあげられます。

 配線・端子を交換してコンプレッサーは動きました。今後配線やけが起きないためにも原因を突き止めたいと思います。

業種 [ その他 ]

2012.11.07

DSC00438.JPG
【作業内容】
 ドレンに油や赤錆びが混ざっているのでどうにかなりませんか。との依頼がありましたので伺いました。
【所見】
 Y形ストレーナーを取り付けることによって、不純物をフィルターで回収するようにしました。(フィルターは、細かい目の物を採用)
 取り付け終了後、エア漏れ、ドレン漏れありません。

業種 [ 機械 ]

2012.11.06

DSC00439.JPG
【作業内容】
 安全弁が噴き出すとのことで調査したのち交換の作業をしました。
【所見】
 安全弁は規定値より早く吹き出してしまい、圧力スイッチは、規定値に達しても動作がしないことが事前の調査でわかった。
 よって今回は、安全弁と圧力スイッチを新品と交換しました。

 試運転の結果、良好です。

業種 [ 繊維・紙 ]

2012.11.05

DSC00410.JPG
【作業内容】
 スクリュー式コンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 吸い込みのフィルターが綺麗だったので、交換しないで、エアーブロウにて清掃し再利用しました。その他消耗品は全て交換しました。
 
 試運転の結果、良好です。

業種 [ その他 ]

2012.11.04

DSC00413.JPG
【作業内容】
 37kWスクリュー式コンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 調圧逆止弁と言われる所のネジ山に油汚れがありました。この汚れによって調圧逆止弁が取り外しが困難でした。ネジ山の油汚れは日頃の点検でどうにかなるものでないので、定期修理のときにブラシなどを使いきれいに手入れをします。もちろん、雌ネジの方も手入れをします。

 作業は、順調に終わり、試運転の結果良好です。