2013年1月

業種 [ その他 ]

2013.01.29

DSC00489.JPG
【作業内容】
 コンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 油回収配管(キャピラリーチューブ)に穴が開いていて潤滑油が漏れていました。応急処置として他メーカーのキャピラリーチューブを使い対応しました。
 試運転の結果良好でしたが、応急で用いたキャピラリーチューブが長いため早めに純正部品との交換が必要となります。

業種 [ 繊維・紙 ]

2013.01.26

【依頼内容】

本日は22kW油冷式スクリューコンプレッサの定期整備に伺いました。

【現象】

写真は交換前の駆動ベルトですがリブの欠けが発生しています。この状態で使用を続けた場合、

ベルトが切れてしまう事もあります。今回は定期整備時に新品のベルトに交換しました。

【初見】

起動時や運転時にベルトからスリップ音(キュルキュル音、ギュー音など)が聞こえたら、

元電源をoffにした後、ベルトの走行面をライト等で照らして、欠けている部分や裂けている部分が無いか目視で点検が出来ます。

新品ベルトへの交換や張力調整の際はご連絡ください。 P1251277.JPG

 

業種 [ 化学・医薬品 ]

2013.01.26

DSC00484.JPG
【作業内容】
 コンプレッサー新設に伴い、配管工事作業を行いました。
【感想】
 今回は、フランジの取り付けを体験しました。フランジは、パイプ同士の接続に用いられる一つの方法です。基本的にはユニオンといったものを使うことが多いのですが、配管の大きさによってフランジを用いる場合があります。
 ユニオンと違って取り付けが難しく、万力を用いて取り付けました。

業種 [ 化学・医薬品 ]

2013.01.25

DSC00487.JPG
【作業内容】
 コンプレッサー新設伴い、使わなくなった操作盤の撤去作業を行いました。
【感想】
 今までこの操作盤でコンプレッサーを管理していましたので、コンプレッサーの単独運転するように、回路を組むのが大変でした。

業種 [ 化学・医薬品 ]

2013.01.23

DSC00486.JPG
【作業内容】
 コンプレッサー新設により使わなくなったコンプレッサーの撤去作業を行いました。
【感想】
 電線を外し、配管を外し、コンプレッサーを動かす。作業の流れは、コンプレッサー新設のときの逆の手順とほぼ同じです。
 新設したコンプレッサーより小型のため作業は、順調に行うことができました。

業種 [ その他 ]

2013.01.18

DSC00483.JPG
【作業内容】
 水冷式コンプレッサーの新規設置作業を行いました。
【感想】
 図面を基にコンプレッサーを設置しました。今回はハンドリフト・バール・ころ・ジャッキ・組み木を用いてコンプレッサーを動かし設置しました。
 最後に並行に取り付けられているかレベルゲージで確認をして、設置業務は終了です。(ここで傾いていると、コンプレッサーを動かした時に振動でコンプレッサー内部が破損してしまうことがあります。)

業種 [ その他 ]

2013.01.17

DSC00485.JPG
【作業内容】
 電子ドレントラップを新品と交換作業をしました。
【感想】
 今回は、コンプレッサー新設作業と同時に行いました。作業は順調に進みました。

 このドレントラップは、レシーバータンクのドレン排出に適しているので、もしお困りのお客様がいましたら、是非ご連絡をお待ちしております。

業種 [ その他 ]

2013.01.12

DSC00482.JPG
【作業内容】
 消耗品の交換とエアーブロウ清掃を行いました。
【感想】
 この機械には、アンローダー時に空気を放出する部分にサイレンサー(消音機)が取り付けられています。サイレンサーの取り付け位置が手の入りにくい位置だったため交換には苦労しました。
 試運転の結果、エア漏れオイル漏れなく正常に運転しました。

業種 [ その他 ]

2013.01.08

DSC00481.JPG
【作業内容】
 クーリングタワー(浄水器)の入れ替え工事を行いました。
【感想】
 普段はコンプレッサーの修理や空気配管の工事をすることが多いのですが、今回は水道管の工事も行いました。はじめて体験する作業だったので先輩に教わりながらの作業となりました。
 配管のつなぎ方は、空気配管と同じ方法だったため容易でありましたが、水が凍らないようにするため配管の周りに断熱材を覆う作業が簡単に見えて難しいと感じました。

業種 [ その他 ]

2013.01.07

新年明けましておめでとうございます。今年も酒井工機をよろしくお願いいたします。
1月7日より業務を開始いたしましたのでコンプレッサーのトラブルがありましたら。ご連絡をお待ちしております。