2013年11月

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2013.11.29

【作業内容】
 レシプロ式コンプレッサーの定期修理をしました。
【トラブル】
 作業中、吐出配管が割れてしまい作業ができなくなってしまいました。お客様には理由を説明し、リース機を貸し出すということでその日は対処いたしました。
 修理中のコンプレッサーを自社に持ち帰り、自社で定期修理を致しました。
【部品が届くまで】
 吐出配管の入荷が3週間後とのことで、徹底的に掃除をしました。
                           ↓掃除前
DSC00746.JPG
                           ↓掃除後
DSC00747.JPG
 レシプロ式は、丈夫でどんな環境でも動くという印象から汚れを気にしないお客様が多いです。確かに過酷な環境でも動いてしまうのですが、周囲温度、圧縮空気を作る時に生まれる熱が放熱できない場合、消耗部品の劣化が早くなってしまう可能性があります。
 汚れが多いと冷却効果が薄れてしまうので、定期的に掃除をしてみてはいかがでしょうか。

業種 [ その他 ]

2013.11.28

DSC00751.JPG
【作業内容】
 レシプロ式コンプレッサーの吸い込みから空気が逆流している、圧力が上がらないとのことで調査しに行きました。
【感想】
 予備部品があったため緊急修理を致しました。
 空気弁とアンローダーピストンが破損していました。なぜこのようなことが起きたのか、原因はメーカーに問合わせ中です。
  
 破損した弁の欠片はどこに行ってしまったかというと
DSC00750.JPG
 電子制御されていないため、動き続けたピストンに押しつぶされて粉々になりピストンに固着していました。できる限り取り除くことは出来ましたが、次回定期修理の時にピストンの交換を推奨いたします。

業種

2013.11.27

 少しでも見やすくなればと思い、ブログの【トラブル別キーワード】のタグを整理致しました。

 現在表示されているタグのみでまとめていますので、整理前より多くの記事が表示されるようになったと思います。

 まだ改善の余地はあると思います。もっと見やすくなるように改善していけたらと思います。

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2013.11.26

DSC00726.JPG
【作業内容】
 先日調査をさせていただいた、ロータリーコンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 私はロータリーコンプレッサーの整備を初めて体験させていただきました。今回はフィルター・エレメントといった消耗部品の交換、オイル全量交換、クーラーの洗浄を致しました。
 部品の形は、スクリュー式とほぼ同じで部品交換はやりやすいと感じました。しかし、ロータリーだからなのか、使用オイルはスクリュー式と比べて硬く粘りが強いと感じました。
 
 試運転の結果、エア漏れなく良好です。

業種 [ 電機 ]

2013.11.24

【作業内容】
 スクリューコンプレッサーの定期修理を行いました。
【感想】
 今回は、2年時点検を致しました。
P1000334.JPG
P1000337.JPG
 写真はオイルセパレーターのエレメントです。(上:交換前 下:交換後)
 写真でもわかるように新品との違いはすぐわかります。茶色くなってしまうのは、圧縮空気中の油分を除去しているためです。交換前のエレメントを見ると少し皺ができていると思います。この皺は、圧縮空気中に含まれる水分でエレメントが変形してしまうことがあります。このまま使用し続けると、エレメントが破れてしまって圧縮空気中の油分を除去出来なくなってしまいます。

 圧縮空気に油分が混ざると困ってしまうお客様がいらっしゃいましたら、年に一回(コンプレッサー運転時間にして約3000時間)定期修理を行うことを推奨いたします。

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2013.11.23

DSC00717.JPG
【作業内容】
 『現在使っているコンプレッサーが古くなってきたので、今後買い替えを考えたい』と依頼があったので、測定器を1週間設置させていただきました。
【感想】
 この測定器でわかることは、電流値・使用圧力です。1週間設置させていただくのは、データの保存できる容量の問題と工場の稼働率をみるためです。
 1週間分のデータを解析して、この工場にはこのぐらいのコンプレッサーが必要ということがわかります。(*ただし、あくまでも目安程度のものです。

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2013.11.22

DSC00737.JPG
【作業内容】
 スクリュー(水冷)コンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 このメーカーの水冷式の整備は初めてでしたが、他社の水冷式とやり方はほぼ同じでした。先輩に教わりながらの作業でした。
 
 作業終了後、試運転の結果良好

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2013.11.21

DSC00721.JPG
【作業内容】
 ロータリーコンプレッサーの事前調査に伺いました。
【感想】
 クロダのコンプレッサーは、メンテナンスフリーと思われている方だ多いようですが、メンテナンスフリーでない機械もあります。取扱説明書に消耗部品の交換時間等記載されていますので、メンテナンスフリーなのか今一度確認のほどよろしくお願いします。
 
 今回調査ことを基に、修理見積をさせていただきます。

業種 [ その他 ]

2013.11.20

DSC00716.JPG
【作業内容】
 オイルフリーレシプロ式コンプレッサーのシリンダーヘッドからエア漏れがあり修理をしました。
【感想】
 シリンダーヘッドを外そうとボルトを回したところ、ボルトが折れてしました。オイルフリーは、給油式と違って、部品がアルミニウムでできているものが多く、ボルトもアルミニウムでできているとのことです。(赤水をできるだけなくすため)
 さらに給油式のように油分がないため、ボルトがシリンダーに固着してしまい折れてしまうことがあるとのことでした。
 こうなってしまった場合、折れたボルトをプライヤーやドリルなので取り除きネジ穴をあけます。

 今回の修理は、会社の貸出機だったためよかったです。この経験を生かして今後の作業に取り組みたいと思います

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2013.11.19

DSC00710.JPG
【作業内容】
 スクリュー式コンプレッサーの内臓ドライヤーを新品と交換致しました。
【感想】
 背面に作業スペースがあれば簡単な作業ですが、作業スペースがない場合は時間をかけて、作業を致します。このような場面では今までの経験と知恵が発揮できる場所ではないかと思います。
 冷却装置(コンデンサーなど)傷つきやすい部品がありますので、しっかり養生して交換します。

 交換作業終了後、試運転の結果良好です。

業種 [ 化学・医薬品 ]

2013.11.14

【作業内容】
 スクリューコンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 定期修理作業は順調に終わり、試運転の結果良好でしたが、工場のラインに圧縮空気を流すと微かに空気が漏れてい音が聞こえてきました。
 
DSC00706.JPG
 空気が漏れていた場所は、レシーバータンクの点検口でした。点検口のパッキンが劣化したことによる空気漏れと考えられます。
 部品が入り次第、修理に伺いたいと思います。

業種 [ 繊維・紙 ]

2013.11.05

DSC00703.JPG
【作業内容】
 スクリューコンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 今回は、消耗部品以外にプーリーの交換、メカシールの交換を致しました。メカシールはプーリーの付いているシャフトの部分に取り付けられています。メカシールが劣化・消耗してくると、オイルが漏れてきます。交換のときに取り付け方を間違えると、シャフトが回らなくなったり、傷がついてオイルが漏れてしまうことがあるので、メカシール交換は、いつも以上に慎重に行います。

 試運転の結果、オイル漏れ・エア漏れなく良好です。

業種 [ 繊維・紙 ]

2013.11.02

【作業内容】
 お客様の工場を引っ越すとのことで、移設、配管工事を行いました。
【感想】
 作業日数は約10日。初日にコンプレッサーの移設作業を行いました。
P1000329.JPG
 引っ越し先は近い場所は同じ敷地内のためフォークリフトを使って運搬することができた。
 この日の作業は、コンプレッサーの位置を決めて周辺の配管を組み立てて作業終了です。

 2日以降は、工場全体の配管工事を行いました。
P1000324.JPG
 新工場ということで沢山の業者様が入っていました。声を掛け合いながら安全確認することの重要性が再確認できました。
 配管工事は、図面を基に作っていきますが、作業中に変更点が出てくるので、その都度打ち合わせをし作業をしていきます。

 
P1000321.JPG
 配管が組み終わったら、塗装をします。しかしここでミスを犯してしまった。壁にペンキが付着してしまった。壁担当の業者様がこの日はお休みで、後日塗り直していただくことができました。もう少し養生をしっかりしていればよかったと思いました。

最後に、大変大きな工事に参加できたのでいい経験になりました。まだまだ学ぶことが多いことに気づくことができました。この経験を生かして、今後の作業を行っていきたいと思います。l

業種 [ その他 ]

2013.11.01

DSC00702.JPG
【作業内容】
 コンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 北越工業様のコンプレッサーは、野外向きにが主として作られているとのことで、雨水が入らないような工夫をされているように感じます。
 他メーカーと違って、パッケージにネジがあまり使われていなく整備しやすいように感じました。

 試運転の結果良好です