2014年1月

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2014.01.31

DSC00849.JPG
【作業内容】
 スクリュー式コンプレッサーの新規入れ替え工事を行いました。
【感想】
 今回電気・配管工事が高所作業だったためローリングタワーと言われている足場(移動型足場)を使いました。私は使った事はありますが組立をするのが初めてだったため先輩に教わりながら組立てました。
 入れ替え工事は、順調に終えることができました。

業種 [ 石油・窒業 ]

2014.01.30

DSC00845.JPG
【作業内容】
 スクリューコンプレッサーの定期修理作業を行いました。
【感想】
 分解・洗浄・部品交換・組立が終わり最後に試運転を行います。試運転は約一時間行い、圧力の微調整・電流電圧の計測・各場所の温度測定・オイル漏れエア漏れ等ないか目視触診聴診による検査を行います。この試運転で得たデータは、後日報告書に記載しお客様に送ります。

業種 [ その他 ]

2014.01.29

DSC00843.JPG
【作業内容】
 エアーシリンダーの開閉速度を決めるスピコンといわれる部品を交換致しました。
【感想】
 スピコンとは圧縮空気の量を調整して、シリンダー内に送る量を制御しているものみたいです('コンプレッサーでいう圧力調整弁のような働きをしているようです)。
 エアーシリンダーを固定していたアンカーが折れてしまい、開閉の衝撃でスピコンと配管が割れてしまったと考えられます。
 スピコンと配管を交換しシリンダーが動かないように処理をして作業終了です。
 

業種 [ その他 ]

2014.01.27

DSC00835.JPG
【作業内容】
 コンプレッサーの自動ドレン排出口にホースを取り付けました。
【感想】
 ドレンハースを取り付けるときは長めに曲線を描くように取り付けるといいです。理由として、減圧効果が得られるからです。ホースを最短で取り付けてしまうと、ホースが抜けてしまうことがあります。ドレン水は、機械の状態によって油分が含まれる場合がありますので、注意してください。

業種 [ その他 ]

2014.01.26

DSC00839.JPG
【作業内容】
 エアーシリンダーを動かすための電磁弁を交換致しました。
【感想】
 この電磁弁にはコイルが二つあり、それぞれに電気が流れると決まった方向へ空気が供給される仕組みになっているようです。(両方に電気が流れるとすべての空気が供給、放棄されるので、動作しない)
 今回電気回路を見直しても、両方に電気が流れてしまいうまく動作しないことがありました。知り合いの電気屋さんに診てもらった結果、リレーの接点不良が原因であることがわかった。リレーを新品と交換し、試運転の結果良好です。

業種 [ 精密・諸工業 ]

2014.01.23

【作業内容】
 スクリュー式コンプレッサーの新規入れ替え工事を行いました。
【流れ】
 まず古いコンプレッサーを撤去作業を行いました。
DSC00827.JPG
 配管をはずして、ハンドリフトを使いコンプレッサーを撤去しました。撤去後は、掃除をして新しいコンプレッサーを設置し、配管工事・電気工事をします。
DSC00833.JPG
 以上工事完了後、納入運転を1時間ほど行い初期不良はないかメーカーからの点検項目どおりに調査し作業終了です。

業種 [ 食品製造 ]

2014.01.22

DSC00815.JPG
【作業内容】
 スクリューコンプレッサーがドライヤー異常で止まってしまうと連絡があり調査しに行きました。
【感想】
 今回は、目視検査・ガス漏れ検査・配線の絶縁検査を致しました。目視によるコンデンサー等の詰まりはなくガス漏れもなかった。しかし、絶縁をメガテスターで測ったところ、漏電していることがわかった。このことからドライヤーのユニット自体が故障していることがわかった。
 お客様に報告し、後日見積書を送ることを伝えて本日の作業終了です。

業種 [ その他 ]

2014.01.07

新年明けましておめでとうございます。
今年も酒井工機をよろしくお願い致します。