2014年9月

業種 [ 機械 ]

2014.09.20

【本日の作業】

今日は中圧スクリューコンプレッサの定期修理に伺い、ベルト、エレメント交換の後、ミストフィルターエレメントの交換が行ないました。

写真は旧エレメントと新品のエレメントです。左側のエレメントがしっかり油分を吸着してるのが分かります。

mist.jpg

【所見】

ミストフィルタは外付けで設置する場合が多いのですが、今回はドライヤー内臓型で定期修理時の同時交換となりました。

給油式の圧縮機では空気に微量の油分が混じりオイルセパレータで除去しますが、さらにミストフィルタ等で油分除去する事で高品質エアが得られます。

積算時間を基準にしたコンプレッサーの定期修理時の新品交換を推奨します。

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2014.09.15

【本日の作業】

今日はスクリューコンプレッサの定期修理に伺いました。エレメントの交換が主だったので順調に

進行しました。最後にオイルを入れて運転するのですが、純正オイル4Lに付属していた象の鼻

みたいな給油口を使用して入れたらナカナカ入らない。今思えば上に空気穴空けとけばスムーズに

入ったかな。今度やってみましょう。

P9150585.JPG

【苦労した点】

ベルトが内側に掛かっているコンプレッサにたまにある、外側のユニットを動かしてベルトを交換した事です。

解かっていればなんてこと無い事ですが手順がバラバラです。

他に方法があるのかも知れませんので今度聞いておきます。

 

業種 [ 繊維・紙 ]

2014.09.14

【本日の作業】

7.5kWの給油式レシプロ機の定期修理に伺いました。分解中に予定外の部品に劣化が診られ、担当者の方に報告し後日、新品への部品交換実施となりました。

今回はお時間を頂戴し大変お世話になりました。

【学んだ点】

今回はお客様に予備機が稼動していたので、時間を頂け追加修理を行なう事が可能でした。

修理前には対象機について担当者の方とのヒアリング(又は訪問調査)から修理の内容についてご提案させて頂いておりますが、機械の開放状態により追加部品・追加作業が発生することがあります。

その際には一番良いと思われる手段にて迅速に対応させて頂きますのでご了承の程よろしくお願いいたします。

今回は運転確認の結果、良好です。イイ音してます。  P9110574.JPG

 

業種 [ 化学・医薬品 ]

2014.09.09

【今日の作業】

今日はオイル漏れの点検に伺いました。写真は吸い込みフィルターエレメントですが、色が異なる部分が診られます。本機では横向きにエレメントが取り付けてあるため、下側にオイルが染みているという事になります。フィルターエレメントは吸い込み大気中の塵埃の侵入を防ぐ為のもので、オイルの流出を防ぐものではないので異常が発生しています。 P9090570.JPG

【所見】

スイコミフィルターにオイルが戻っている原因は、吸い込み弁劣化やベルトの破断、電磁弁の劣化などが主ですが、圧縮機本体や管継手、ナイロンチューブの劣化などが要因する場合もあります。修理個所特定の為、訪問調査を要する場合がありますが異常を感じたら、まず電話にてご連絡下さい。

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2014.09.08

【本日の作業】

今日は6,000時間の定期修理に伺いました。写真は吸い込み弁のシート部品ですが、シート面が劣化して部分的に欠損しています。お客様がコンプレッサーの左側面パネルから油煙が出ていた事に気付き今回の修理となりました。

P9080567.JPG

【所見】

写真のレベルまで劣化していると、フロントパネルを開くと、コンプレッサーのパッケージ内台盤上にもオイルが飛散していると思われます。何度か同じ部品劣化を修理していますが、多くはもう少し小さく部品的に破損してくる事が多い様に見受けられます。

その場合は、コンプレッサーの停止時などに薄く油煙が発生する様になります。日常運転時に注視しているとオイルが飛散する前に点検修理実施の目安になると思います。

業種 [ 化学・医薬品 ]

2014.09.03

【今日の作業】

今日はパッケージベビコンの点検にうかがいました。写真は圧縮する大気を吸込む濾過フィルターですが、周辺のオイルミストが付着し黒く目詰りしていました。

写真では解かりずらいですが、フィルターの一部に穴が空いてしまっていました。(白い部分)

【所見】

吸い込みフィルターが目詰りしていると吐出圧力が低下してしまったり影響が出ますが、今回は一部フィルターが無い状態なので、大気中の塵埃を吸い込み圧縮してしまう為、圧縮機の破損にも繋がる恐れがあります。担当者の方にお話して後日新品交換の予定です。

フィルターは目詰りしていても欠損していてもコンプレッサーに影響が出ますので、定期的にフィルターを確認しエアブローの実施を推奨します。

 

業種 [ 化学・医薬品 ]

2014.09.02

【今日の作業】

今日は3.7kWレシプロ機のマグネットスイッチ交換に伺いました。

初回訪問時に[スタートボタンを押しても動かない」「直に止まってしまう」との連絡をいただき、今日は新品部品に交換します。

レシプロ機に関するトラブルの中で今回のように「動かない」という連絡を頂く事が度々あり、

原因は様々考えられますが、調べた結果マグネットスイッチのトラブルである事が多い様に感じます。

【所見】

写真のマグネットは接点が1ヶ所欠損しています。今回はモーターの始動・停止の頻度による劣化でしたが、他の要因による場合も考えられますので、「スイッチを押しても動かない」場合は取扱説明書の

注意事項を確認いただき、購入店まで連絡いただけましたら対応させていただきます。 140902_152711.jpg