2015年9月

業種 [ 機械 ]

2015.09.30

【本日の作業】

今日は22kWインバータ制御スクリューコンプレッサの定期整備に伺いました。

写真はどちらも熱による故障を防止する冷却ファンになります。

分解交換作業中の風景です。 P9290513.JPGP9290514.JPG

【苦労した点】

基盤に近い場所に取付けられている小さいビスを外す為、落とさないように細心の注意が必要になります。(この作業の時が一番疲れます。近くの人にも声掛けを事前に行なっておきました)

交換は無事完了しました。

【所見】

ファン周辺は塵埃が集まってしまう場所です。エアブローして清掃するときは乾燥エアーを使いましょう。

環境により水分を多く含んでいるエアーが出てしまう場合があります。

この場合は乾燥させるのに大きく時間を掛けてしまうので注意が必要です。

業種 [ 鉄鋼・金属 ]

2015.09.17

P10009090.JPGのサムネール画像【作業内容】

ユニオンフレキのエアー漏れの場所の究明とエアー漏れの修復

【本日の担当】

 今回エアー漏れをしていた場所は、赤丸で囲っていたところでした。ここがエアー漏れをしていた場合工具で締めることができないため、ユニオンフレキ自体の交換となりました。

交換後、配管とユニオンフレキをしっかり締め作業は終わりです。

試運転の結果、エアー漏れなく良好です。

(新入社員・三木)

業種 [ 繊維・紙 ]

2015.09.16

P1000908.JPG【作業内容】

 OSP-11VARⅢの定期修理

【本日の担当】

 今回の作業は、エレメントなどの消耗部品の交換をしました。

 コンプレッサーにわたぼこりが多く付着していたため、ラジエーターなどほこりの詰まりやすい場所を丁寧にエアーブローをし、ほこりを取り除きました。

 試運転の結果、エア漏れオイル漏れ等なく良好です。

(新入社員・三木)

業種 [ その他 ]

2015.09.10

P1000891.JPGP1000892.JPG【作業内容】

コンプレッサー2台の入れ替えとタンクの移動、ドライヤーの設置を行いました。

【本日の担当】

コンプレッサー室が2階にあったため、クレーンでコンプレッサーを上げ、ハンドパレット等で移動させお客様の希望の位置に配置しました。

タンクとドライヤーは高いところに置くことになったのでチェーンブロックで吊り上げ配置しました。このとき高所の作業になったため落とさないようしっかり固定し、物も落とさないよう気をつけた作業となりました。

試運転の結果、エア漏れ等なく良好です。

(新入社員・三木)